アナログ時計のメリット

瞬時に直感的に時間を認識できる!

アナログ時計の最大の特徴は「時刻を文字盤と2本の針の位置で表現すること」です。 デジタル時計では時刻が文字通りデジタル数字の並びで表現されるため、時刻を確認するには数字を「読む」必要があります。しかしアナログ時計は2本の針の位置で時刻を表現するため、一瞬見てその配置を画像として認識できれば、そこから大まかな時刻を把握することができます。時刻を認識できるまで時計を見続ける必要はありません。これは会議中や移動中など、時計をじっくり見ることができない状況では、ありがたいですよね。 またこの特徴は、ある時間までの残り時間を大まかに把握する際にも役に立ちます。皆さんも、頭の中に時計の文字盤を思い浮かべて、残り時間を計算した経験がおありではないでしょうか?その際にデジタル時計を思い浮かべて計算する人は、きっと少数派ですよね。

良い意味で大まかな時間である!

最近のデジタル時計は電波を定期的に受信することで、常に非常に正確な時刻を教えてくれます。一方でアナログ時計は、まず時刻を合わせることが手動であり、その後は製品にもよりますが、定期的に「時刻を合わせる」というメンテナンスが必要になります。一見、この手間はデメリットのように見えてしまいますが、捉え方によってはメリットでもあります。 ビジネスシーンを中心に、約束の時間を守ることは最低限のマナーであり、そのために時間に余裕を持って行動することが強く求められます。アナログ時計の時刻表示は、デジタル時計のように常に正確な時刻表示ではないという”多少の曖昧さ”が残っていますが、これにより「ギリギリの時間で動く」ことのリスクが高まります。そのリスクを回避するため、結果的に時間に余裕を持った行動が習慣化されるということも、アナログ時計を使用するメリットではないでしょうか。