デジタル時計とは?構造や機能について

デジタル時計とアナログの違い

日常生活で使用する時計は大きくデジタルとアナログの2つに分類されます。現在時刻の確認という共通の目的はどちらも同じですが、デジタルならではの強みは正確性です。アナログ時計が針の動きによる大まかな時間表示なのに対して、デジタルは数字によって秒単位まで正確に知ることができます。常に正確な時間を把握しておきたいという人にとってこの点は大きな魅力です。デジタルとアナログでは駆動方式も異なります。デジタルは大半が電池を利用して動く仕組みです。一方アナログは多くの時計がゼンマイを動力にしています。デジタルは商品によっては電池交換ができない物もありますが、アナログは殆どの商品がパーツの交換とメンテナンスで半永久的に使用可能です。

購入時のチェックポイント

デジタル時計を購入する場合に注意すべき点の一つにデザインがあります。腕時計のように日常生活で身に付けるタイプは洋服との相性が重要です。ファッションが控えめなのに派手なデザインの腕時計を身に付けるとバランスが悪くなります。腕時計は普段のファッションを基準に選ばなくてはいけません。スーツとデジタル時計は組み合わせが難しいのでプライベート兼ビジネスで使う人はシルバーや黒といった落ち着いたカラーが無難と言えます。 機能の確認もデジタルならではのチェックポイントの一つです。技術力の進化と共にや夜間のライトアップやストップウォッチなど様々な機能が搭載された時計が作られています。性能に比例して価格が高くなる傾向があるので自分に必要な機能だけが搭載された物を選ぶのが基本です。