デジタル時計のメリット

時間を読み間違える可能性が低い

デジタル時計のメリットとして挙げられるのが、時間を読み間違える可能性が低いことでしょう。アナログ時計の場合は短針や長針、秒針などの位置を読み間違えると、現在の時刻を誤ったまま認識してしまう可能性もあります。デジタル時計であれば数字で時刻を表示してくれているので、時刻の誤認というリスクは低いです。誰かに時間を知らせるときにも秒数まで伝えられます。瞬時に時間を知ることができるのもデジタル時計のメリットだと言えます。アナログ時計の場合は針の位置を確認して、現在の時刻が何時かを考える必要があります。アナログ時計に慣れていない人ほど、時間を知るまでの間隔が長くなります。それに対してデジタル時計は視認した段階で現在の時刻を覚えられます。

音による悩みを抱えることがない

デジタル時計のメリットは音にもあります。アナログ時計の場合は針の音が鳴り続けています。針が止まっていない限り、音は鳴り続けるので人によっては煩わしい音だと感じてしまうでしょう。またアナログ時計の針の音は睡眠を妨害してしまうこともあります。それに対してデジタル時計は針を進める音がないので、音による悩みを抱えることがありません。睡眠時も時計による雑音がないので、安心して眠れます。デジタル時計は24時間で時刻を表記できるのもメリットだと言えます。24時間での表記であれば午前と午後を間違える心配もありません。アナログ時計によっては数字が書かれていないものもありますが、デジタル時計は必ず数字が書かれているのも嬉しいポイントだと考えられます。